電動式への移行:車と軽金属のこれから

発行日時

電気自動車への移行は、軽金属産業にチャンスをもたらしますが、同時に課題もあります。E-モビリティ社会の実現までに、軽金属の鋳造業者はどのような準備をしたらいいのでしょうか?

自動車産業はエレクトロモビリティの方向へ大きく動いています。数字や時期に違いはあるものの、自動車業界の予想では、2025年頃において電気自動車の登録台数が大幅に増加すると見ています。そして、電気自動車が市場に浸透するのに伴い、軽金属鋳物の使用もかなり増加することになります。というのも、軽金属部品は車両の重量を軽くし、電気自動車の走行距離を伸ばすうえで大きく貢献するからです。差し当たり大きな構造的変化が予想されるのはアルミニウム鋳物の業界で、同業界にとって大きく成長する機会となります。では工場生産者はどのようなアプローチをとるべきでしょうか。競争力を保つためには、鋳造品1個当たりのコストを継続的に抑えていかなければなりません。

現在、自動車メーカーだけでなくそのサプライヤーも構造的な変化を経験しています。エレクトロモビリティというテーマはますます今日的な意味を帯びてきています。遅くとも2025年までに電気自動車産業は急激に成長するものと考えられ、そのような展開は軽金属鋳造業界にとっても新しいチャンスと言えます。なぜなら、電気自動車の走行距離を伸ばし、より妥当な価格のバッテリーを提供するには、より重量の軽い部品が必要だからです。

工場生産者への課題

従来のアルミニウム鋳物の製造方法では、使用される金属にコスト全体の約65%が費やされています(鋳造での金属損失も考慮)。それ以外のコストの15%はエネルギー消費に割り当てられますが、少なくともその半分は金属を溶融して溶融物を必要な温度に保持するのに使用されます。残りの15%は、システム自体の投資コストとなります。これは、特に工場生産者が鋳物品1個当たりのコストに大きな影響を及ぼすことを意味しています。「構造的変化において勝者になりたいなら、自身で必要な解決策を出さなければなりません」と語るのはGummersbachに本社を置く熱処理技術のメーカーStrikoWestofen社のマネージャーRudi Riedel氏です。同氏が即座に挙げた勝者となるうえでの要素としては、使いやすい製品、自動化ソリューション、システム設計やプロセス最適化に詳しいコンサルタント、短期間での投資額回収(ROI)、一貫したサービスと製品品質を維持しながらの国際的な存在感の維持などですが、これらは工場生産者が何らかの解決策を出すべき分野のほんの一部ということです。

今入手可能な将来を見据えた技術

高品質な軽金属の鋳物を経済的に製造するためには、「首尾一貫した」システムが必要です。重要なポイントは、溶融、保持、そして熱処理です。 StrikoWestofen社のコンセプトは、個別工程で手順の最適化を図りながら、プロセス全体の利用度を高めることを目的としています。例えば、溶融において、それは金属歩留まりの向上を意味します。ここで同社が信頼しているのは、目標温度と流量の制御技術、最先端のバーナー技術、そして最小酸素量です。また、排出空気を利用することによって、同社の「StrikoMelter」溶解炉のエネルギー効率を最適化させました。材料投入においても、投入の正確さやプロセスの信頼性に加えて、金属歩留まりならびにエネルギー効率などにも重点が置かれています。このため「Westomat」給湯炉は酸化物を含まないよう、「Schnorkle」密閉式溶湯搬送システムは、溶湯表面の温度低下を削減するよう設計されています。

電気自動車用のアルミニウム鋳物の製造においては、最終熱処理に特に注意が払われます。ここでStrikoWestofen社は、必要なすべての手順を正確に調整することができるようプロセスの全体論的考察から始めました。すべてのプロセスを段階的に自動化することで、能力を常に最適に使用でき、時間、エネルギー、人員の節約を可能にします。 「”お値打ち感”がモットーです」とRiedel氏は語り、さらに「鋳造アルミニウムやマグネシウムで作られた部品が品質の面で説得力があるだけでなく価格面でも手頃である限り、エレクトロモビリティの急速な進展は当社にとってのチャンスであって、決してリスクとは捉えていません」と付け加えました。同社は、Gummersbach本社の敷地内に社用車として電気自動車を駐車し、さらに自社の給電ステーションをそこに設置して、その期待を裏付けています。

軽金属鋳造の将来的な技術に関する詳細については、StrikoWestofenからe-mailまたは電話(+49(0)2261-70910)で直接入手できます。

構造変化:エレクトロモビリティはますます今日的な意味を帯びてきています。 業界は2025年以降で電気自動車が大幅に増加するものと確信しています。

エレクトロモビリティへの動きは、軽金属産業にとって大きなチャンスですが、鋳造アルミニウム製部品の競争力は、鋳物1個当たりのコストにより定められます。

別のシナリオ:将来の乗用車におけるアルミニウム鋳造品のシェアは、アルミニウム鋳造業界の競争力によって決まります。