StrikoWestofen の新しい上級副社長

発行日時

StrikoWestofen は Peter Reuther を新しいシニア バイス プレジデント (SVP) に任命しました。Peter は 2001 年に StrikoWestofen に入社。同ブランドの欧州販売責任者を 5 年務めた後、SVP に昇格しました。

Peter について

Peter の本職は機械工学士ですが、StrikoWestofen では営業サポートをはじめとしたさまざまな営業職を歴任しており、2013 年からは販売責任者として欧州 OEM 事業部の責任者を務めています。 

彼は幅広い経験と技術分野での深い専門知識をふまえて、セクターにおける StrikoWestofen のマーケット リーダーとしての地位をさらに拡大していきたいと考えています。

Norican の Global Parts Formation Group 責任者である Peter Holm Larsen は、次のように話しています。「Peter の経験と専門知識があれば、StrikoWestofen の製品やサービスと業界における地位をさらに強化していけるものと確信しています。彼はお客様のニーズとそれを満たす方法の両者を深く理解しているため、自分にとっての重要な分野で優れた出発点を確保しています。その分野とは、新しい製品やサービスの持続可能なイノベーション パイプラインを作成し、その価値を世界一流のプロジェクト管理を通じてお客様に届けるというものです。」

Peter Reuther は自身の新しい役割について、次のように語っています。「当社の目標は、アルミニウム鋳造工場に向けた一流の製品とサービスを持続的に開発し提供して、お客様が常に時代の一歩先を行けるようにすることです。」 

前任の Rudi Riedel は、Norican Group 内の新たな役員の地位につき、新しく設立された Norican Digital の指揮を執ることで、引き続き StrikoWestofen と密接に協力していきます。